経営理念

Ⅰ.個人の尊重

  • 会社と一人ひとりの専門職は、自ら向上しようとする社員を援助し、仕事を通じてその能力が最大限に発揮できるようにする。
  • 発揮された能力、業務などに基づいて公正な昇給、昇進等の処遇を行なう。
  • 会社や専門職からの一方的な通知等のみで事に当るのではなく、社員の声を積極的に聞き、いろいろな意見を十分に検討して、最も望ましい解決を得るよう努力する。

Ⅱ.最善の顧客サービス

  • 顧客のニーズを知り、また将来顧客にどのようなニーズが生ずるか予測するのを援助する。
  • 顧客がNKCの製品やサービスを最良の方法で利用できるよう努める。
  • 優れたメインテナンス・サービスとサポート・サービスの提供に努める。

Ⅲ.完全性の追求

  • 新商品、新規事業の開発を率先して行なう。
  • 社外での進歩発展に目を向け、それに改善の余地があれば、手を加え、あるいは社員のニーズにかなうものがあれば、いつでも進んで取り入れる。
  • 最も進んだ設計により、しかも、できるだけ低いコストで良質の商品(ソフト)を開発する。

Ⅳ.卓越したマネージメント

  • 部下が優れた方法で仕事をするように動機づける指導性を備える。
  • すべての部下と頻繁に話し合う機会を持つ。
  • 決定や方針に問題はないか疑ってみる勇気を持ち、また自分の部門や部下だけではなく、会社全体のニーズを見通すビジョンを持つ。
  • 新しいアイデアに対して、たとえどのような所から出されたものであっても常に目を向け、将来に備える。

Ⅴ.株主への責務

  • 株主がNKCに委ねた資産を管理する。
  • 投資された資金に対して、魅力ある配当する。
  • 継続的に利益をあげ、成長が期待できる機会を開発する。

Ⅵ.公平な購買取引

  • 取引先の選定は、製品やサービスの質、総体的な信頼性、価格を考慮したうえで行なう。
  • 取引契約交渉は、取引先とNKC双方の正当な利益を考慮し、誠意をもって契約を履行する。
  • 取引先が過度にNKCに依存するのを避ける。

Ⅶ.社会への貢献

  • NKCは、地域社会、国家、世界でよき市民としての役割を果すよう努める。
  • NKCは自由競争の体制が短期的、長期的な公共の利益にとって、最も有益であると信じており、フェアプレイ精神をふまえ、競争相手と法を尊重し、活発に競争します。
  • NKCの施設のある地域では、住民が働き生活するのに適した環境づくりをするよう極力援助する。
  • NKCは事業活動のあらゆる分野において、人種、皮膚の色、信条、出身国籍、年令、あるいは性別にとらわれることなく「機会均等」を実現するよう、積極的な行動をとる。