トップコミットメント

日本企画株式会社 代表取締役社長 利 哲雄

企業活動のグローバル化に伴い、企業として社会的責任を果たすことが、より一層重要視されるようになりました。
企業として経済的側面の追求だけでなく、環境的側面、社会的側面など、 ステークホルダー(※1)に対し責任ある行動をとらなくてはなりません。

日本企画株式会社では、「安定雇用」「顧客対応」「社会貢献」「環境整備」の4つの面から社会的役割を担っていくことを使命としています。

中でも「社会貢献」には力を入れており、平成5年より継続している駅前清掃活動の実施、平成10年より年2回行っている公立小中学校等公共施設のトイレ清掃活動は、一人ひとりの社会貢献意識を高める上で、 重要な活動となっています。

また「環境整備」についても、資源ごみの分別や古紙リサイクル回収を全社員で取り組むと同時に、2007年からはチームマイナス6%、継続して2010年よりチャレンジ25、現在はFun to shareへ参画しています。
福岡県の朝倉市や大分県の日田市の豪雨による被害は、まさしく地球温暖化の影響からきているものと思われます。この温暖化の現状を真摯に受け止めて現在深刻な問題となっている地球温暖化防止、低炭素社会にも貢献して参ります。

平成29年度は新たに健康経営を取り入れました。活気ある職場、笑顔の絶えない会社は全社員の健康組織から生まれるものです。色々な情報発信をもとに健康企業を目指します。

今後は、内外ともに会社として果たすべき社会的責任を強化するためにコーポレートガバナンス(※2)への取り組みと、一層ボランティア活動を広げて、地域美化に貢献するとともに、徹底したごみ減量を実施して、ステークホルダーからも認められるような取り組みを実施して参ります。

日本企画株式会社
代表取締役 利 哲雄

※1 ステークホルダー(stakeholder)
ステークホルダーとは、企業の利害関係者のこと。企業の利害関係者には株主のみならず、金融機関、従業員、顧客、官公庁等規制機関、地域住民などがおり、企業が事業活動を行う際、配慮すべき関係者の総称。

※2 コーポレートガバナンス
会社が、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組み。